忍者ブログ
生活(日記・雑感・他)、ネット・IT、市場活動。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

違い


SEOのリースがなぜこれほどまでに問題になるのか判明しました。双方の考えが違うからです。契約者はSEOを期待します。SEOリースと謳っているのですからそりゃあ自分のサイトのランキングが上がることを期待して契約するわけですよね。一方のSEOリース業者。リースの内容は、SEOもほんの少し取り入れてあるソフトウエアとの契約。そのため、SEOはリースの対象から外れているのです。ですから、契約の解約ができないとこういうわけなのです・・・。SEOのリースで契約したわけではなく、SEOもほんの少し取り入れてあるソフトウエアとの契約をしてしまったということですから、ランキングが上がらないからと言って解約することは出来ないのです。

外部リンク
会社 SEO対策

キーワード重視のSEO対策とトラフィック重視のSEO対策。違いは1位表示優先か、アクセス増優先か
Webサイトのスクラップ・アンド・ビルド、更新優先度低いサイト閉鎖、更新優先度高いサイト新規建造
トップページがコンテンツSEOに不向きならサブURLで対策。無駄&無理
SEO専用URLはキーワードを真っ先に決める。コンテンツ作成はその後
コンテンツ内容で被リンク対策するキーワード決まる。キーワード選定


Google外部SEO対策の要、3要素「被リンクエイジ,衛星サイトエイジ,リンクポピュラリティ」
獲得済み被リンクに占めるニュー被リンクの割合が高まると順位不安定に。オールド被リンク増加で安定へ
検索エンジン集客多いサイト。標準ページと別でSEO集客ページ用意
「被リンク設置の時間分散」と「数」で参入障壁を築く。SEOへの参戦遅れるほど上位表示コスト上がる
情報充実URLは順位上がり易く情報不足URLは上がり辛い。ネットショップ商品ページも例外では無い
月間検索数多いヘッドは被リンクにコストかかる。検索数の少ないロングテールは記事作成にコストかかる
2012年のSEO対策。最重要の上位表示要因は被リンク、次いでSEO技術。SNSの重要度低し
2013年後半のSEO対策。Google再度、「被リンク寄り」に
旧サイト⇒301リダイレクト⇒新サイト。引継ぐ「被リンク構造そのもの」に問題あれば再度ペナルティ
PR